料金改定

みなさんこんにちは。管理部の平岡です。

 

2月になり少し暖かい日も増えてきましたね。日中に限ってかもしれませんが過ごしやすくなってきました。

 

先月の事ですが、東京23区・武蔵野市・三鷹市のタクシー初乗り料金が値下げになりました。2キロ730円から1.052キロで410円への変更です。

調べてみると2キロまででしたら新料金、6キロ強超えてくると旧料金システムの方が安いとのことです。2~6キロは引き上げと、引き下げになる部分があるみたいです。走行距離で異なるみたいですね。

 

初乗り料金が安くなることにより、ちょい乗り需要が見込まれているようです。歩くの大好きな私からすれば、タクシーは贅沢であり無駄な出費という認識が強いのですが、複数人で乗り合わせて割れば電車やバスよりも安く快適に利用することもできそうですね。何より730円から410円になればタクシーに対しての意識が変わり、利用者が増える事で利便性を知るいい機会かもしれませんね。

 

タクシーに関しての個人的な要望は、ドライバーのマナーです。丁寧な方もたくさんいらっしゃいますが、敬語を使わない・お釣りが発生し舌打ちする・距離が短すぎて不機嫌になる。色々なドライバーがいますよね。

利用者の増加により、ドライバーの質が落ちないことを切に願っています。

料金も重要ですが、心地よさこそ大切にしたいです。

 

 

私自身も仕事中は、徒歩・電車・バスでの移動がメインですが、タクシーという選択肢も今後は入って来るかもしれません。多分積極的に利用することはありませんけどね(笑)

高齢者問題、2020年東京オリンピック、消費喚起等考えても興味深い試みとして注目してみたいです。

 

 

私の中で響いた新渡戸稲造さんの名言です。

 

『いわゆる十分に力を出す者に限って、おのれに十二分の力があり、十二分の力を出した者がおのれに十五分の力あることがわかってくる』

 

素敵な一週間をお過ごしください☆

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL