令和

こんにちは、工事部 杉原です。
みなさん、ジャイアンツともども、令和もよろしくお願いします。

さて、先月で平成が幕を閉じたわけですが、みなさんは平成にどんなイメージを持っていますか?
私は、アナログからデジタルに変わった時代というイメージです。

テレビの電波。
固定電話の通信回線。
携帯電話もアナログ信号からデジタル信号へ。
カセットテープもアナログでしたね。
それがMOやMDになり、その後カードタイプやUSBメモリ等どんどん小さくなっていって、今はマイクロSDなどというチップになりました。

どこまで小さくなるんだろうと想像してみると、次は本体が無くなろうとしてます。

クラウド化です。

データをサーバーにアップして、メディアを持ち歩く必要がなくなりました。
実は私、クラウドコンピューティングは随分前から使っていました。
世の中が〝クラウド〟という言い方をするもっと前ですから、おそらく20年ぐらい前だと思います。

ただ、今のようなクラウドサービスがあったわけではなく、自分でそういった環境を作っていたのでわりと面倒でしたよ。
でもメモリーカードに入れて持ち歩くと、紛失したり磁気でデータが壊れたりしたので、その点では安心でした。

そういえばこんなのもデジタル化されました。

電源マーク。
このマークもある意味デジタル化されたと言っていいでしょう。

昔はどうでしたっけ?
普通に”電源”とか書かれてましたっけ?
それも忘れるぐらい今では生活にとけ込んでいますが、出始めの頃は〝何のマーク?〟と困惑した人も多かったのではないでしょうか。

そもそもこれは何を表しているのかというと、数字の1と0なんです。
1がオンで、0がオフ。
私は以前電話工事の仕事をしていてディップスイッチをいじる事が多かったので、1がオンである事を知っていましたが、一般の人は知らない人が多いのによくこれを家電に入れ始めたなと当時は思っていました。

そしてデジタル信号も1と0の2進数で成り立っていて、8桁揃うと1バイトになります。
1バイトがどれぐらいのデータ量か分かりやすくいうと、半角文字の1文字が1バイトです。

2進数の数字を8桁も揃えてやっと半角1文字では、かえってデジタルは伝達スピードが遅いのでは?と思う人もいるかもしれませんが、昔よく見かけたISDN回線の通信速度が128kbps。
これは1秒間に128,000バイト送信できますよという意味です。(厳密には1kb=1,024バイト)
結構な量ですよね。
今でこそISDN回線は通信速度が遅いイメージですが、登場した時は写真が表示される速さに感動しました。
アナログ回線の時はホントに遅くて、A4サイズの写真だと表示されるころにはタバコ1本吸い終わってましたから。

エラーが出ることもしばしば。
アナログ回線は雑音に弱かったんです。
写真がじわじわと表示されている途中で、電話線の接続部分に触れると雑音が入ってしまいエラーに。
アナログ回線の場合、途中まで表示された写真の続きから再開できないのも難点でした。
また最初っからやり直し。
大変な時代でした。

そして今や光の時代。
1秒間に1GBの伝達量です。
半角文字で約1,000,000,000文字。
もう多すぎて逆に分かりづらい。
凄い時代になりました。

 

 

最後に、話は全然変わりますが、昨日定期班の高橋竜次さんから素晴らしいプレゼントを貰いました。

シーズンシートの人だけに配られる応援タオル(非売品)です。

妻に見せたら私より喜んでいました。
ありがとうございました。

次はチケット付きでお願いします。m(__)m

お久しぶりです。

管理部の高橋です。

 

随分久しぶりにこのブログを書くなあと思い見返してみたところ実に11ヶ月ぶりの投稿ということに自分で驚いている次第です。

 

さて、その間に何かがあったのかというと前から悪くしていた腰がついに椎間板ヘルニアにまで悪化してしまうということがおきていました。

 

その痛みは壮絶で発症してから数日間は歩くことすら困難で夜も眠れないほどの激痛でした。

 

また痛み止めなどでは全く痛みが緩和されず病院で処方してもらった神経痛に効く薬でやっと何とか日常生活を送れるようになったのを思い出します。

 

それから半年以上が経った今は痛みはまだ残っていますが薬は服用せずに過ごせるほどには回復することができました。

 

腰痛持ちで困っている人は少なくないと思いますが、椎間板ヘルニアが発症してしまうと人によって痛みの度合いは変わるでしょうが普段どおりに働くのは難しいことになることもあるかと思います。

私自身も数ヶ月はまともに働けない状態になりまわりの人たちにも多大な迷惑をかけることになってしまいました。

ですので無理せず程度によっては病院にいくなりして一度見てもらっては如何でしょうか?

 

やはり健康が第一だと改めて感じることができた半年間でした。

みなさんも体は大事にしていきましょう!

 

管理部 高橋直己

にんげんだもの

こんにちは、総務経理部の島田です。

 

友達の家に相田みつをさんのカレンダーが飾ってありました。

 

「いいじゃないか にんげんだもの」という名言は知っていたのですが、

この前に「つまづいたって」という一文が入るのは知りませんでした。

 

ごろっとしている筆文字。

何度か見かけたことはあったけど、じっくり見たのは初めてでした。

 

(日めくりカレンダーになっているなら、他にも名言があるのかな….)

とネットで調べてみたら相田みつをさんの魅力に嵌ってしまいました。

 

その中で一番気になったのが、こちらの名言です。

 

 

 

 

 

 

 

 

「うばい合えば足らぬ  わけ合えばあまる  みつを」

 

往々にして、まずは自分が…という心を持ってしまう。

そんな部分をチクッと刺して、サラッと表現している感じがとても好きです。

私もいろいろ気をつけていこうと思いました(^^;)

 

千代田区の丸の内に「相田みつを美術館」があると分かったので、

近々行ってみたいと思います。

フードフェス

最近ではとても増えてきているフードフェス。

パンやラーメン、お肉やお酒などと、とても幅広く色々あります。

少し前になりますが、餃子好きの私は中野でやっていた「餃子フェス」に行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

餃子の種類は全12種類。全種類制覇を目指して、朝ごはんも食べずに気合いを入れて行きました。

結果としては…写真と共にご覧下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、6種類が限界でした(笑)

チーズたっぷりの餃子、カツ風餃子。色々な種類の餃子がありましたが、

私はやはりスタンダードな普通にお肉たっぷりな餃子が好みでした。

これだけの種類の餃子を、いっきに色々楽しめるのが、やはりフェスの醍醐味ですよね!

ちなみに、今回の餃子フェスでは、現金の取り扱いがなく、現地で売っている食券を購入するか、

電子マネーの使用のみでした。

そのおかげもあり、行列はできていましたが10分程度以内、長くても20分程度で流れていました。

「行列回避!優先レーンでスムーズに買える!」といううたい文句でファストチケットというのが、

食券とは別に1店舗500円で売っていましたが、空いているお店で餃子を買い、それを食べながら

行列を並んでいれば、行列回避チケットをわざわざ買わなくても、問題はありませんでした(笑)

皆さんも是非、お好きな食べ物のフェスを調べて、行ってみてください。

きっと楽しめると思いますよ♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦

 

管理部日常班 中村

ドローン始めました

「ふぇっくしょん……..ズルズル」

こんにちは。スギ花粉の杉に原 辰徳の原の、工事部 杉原です。

名前に「杉」があるのに、スギ花粉に免疫がありません。

おそらく先祖は杉がある原っぱに住んでたんだと思うのですが、なかなかの根性の持ち主だったんだなと思います。

さて今回は宣伝です。

弊社の新たなサービスとして、ドローンを使った撮影を開始しました。

主に外壁や屋根の調査で、4Kカメラを搭載したドローンを使って撮影します。

これにより、今まで足場をかけなければならなかった外壁の高い所や、一戸建ての屋根などを撮影して調査ができるようになりました。

通常の映像だけではなく、赤外線カメラを使った撮影も可能です。

これを使うと何ができるかというと、外壁のタイルの浮き(いずれ剥がれ落ちる可能性のあるタイル)を今までは打診して音で調べていましたが、赤外線カメラはそれを映像化して見つけることができるんです。

どういう理屈なのか簡単に説明すると、テレビなどで「サーモグラフィー」の映像(温度によって色が違う映像)をご覧になった事があると思いますが、あれが赤外線カメラで撮影したものです。

浮いたタイルの裏には隙間(空気)があります。赤外線カメラで撮影した時、密着しているタイルと比較すると空気があるせいで表面温度が違うので、違う色で映像化されるわけです。

そういったスグレモノなので、赤外線カメラの撮影は当然高いのですが、足場をかけるコストや安全性を考えると、とてもいい手段だと思います。

しかし誰でも飛ばしていいわけではありません。

200g以上のドローンは、航空法が適用されるのでいろいろな規制があります。

例えば、人口密集地区で飛行させるには、国土交通省(東京航空局・大阪航空局)の許可が必要となります。

ちなみに東京23区は、全て人口密集地区になっていますので、許可無しでは飛ばせません。(200g未満はOK)

他にもいろんな規制がありますが、弊社は今年3月に年間の包括許可を取りましたので、全国いつでも飛ばすことかできます。
台風被害などの緊急調査もOKです。
(包括許可を取っていないと、申請して許可が出るまで2週間程かかります)

昨年立て続けに関東を襲った台風の時は、被害があちこちで起きていたので職人さんが調査に来るだけでも10日待ちとか2週間待ちでしたが、そんな問題も解決できるわけです。
撮った映像を職人さんへインターネットで送れば、職人さんは現場へ足を運ばなくても材料の発注ができるので、大きな時間短縮になります。
便利な世の中になりました。

しかしこの国土交通省が出す飛行許可も、申請すれば誰でも取れるわけではなく、10時間以上ドローンを飛ばした実績が必要なんです。

私は毎週土曜日に休みを利用して埼玉県の人口密集地区に指定されていない所へ朝6時から自主トレに行き、その後国交相に登録されているドローンスクールで修行を積み、資格を取りました。
そして許可が取れたわけです。

許可を取っても実力が伴っていないと事故を起こしてしまうんでね、とにかく練習しました。
着地点は許可を取ることではなく、都内で飛ばしても事故を起こさない技術を身につけることを意識しました。

今年の1月にプライベートで沖縄へ行ったんですが、そこでも練習してきました。

その時の映像がこちらです。
(癒しの映像なので、仕事中の人は眠くなるので注意してください)

https://youtu.be/2B2ILHnFAto

この時かなり風が強かったんですが、映像ではあまりわかりませんね。
ゴルフだと2番手変わるぐらいの強さです。
これは私の腕、、、ではなく、ドローンの性能の良さです(苦笑)
200g未満のドローンだったら、あっという間に海の中です。

いずれは調査だけに限らず、物件のPVなどの撮影にも活かしていければと思っています。

あ、そういえば、私は小型1級船舶免許も持っていて、普通自動車免許もあるので、「陸・海・空」制覇です。
船に乗ってレインボーブリッジの調査も可能です。
ってことは、、、レインボーブリッジが封鎖されても調査は可能。
関係者の方、ご依頼お待ちしています。
m(_ _)m