17年目のマンション管理組合

こんにちは。営業部の牧です。

一昨日は自宅マンション管理組合の定期総会がありました。

ちょうど輪番の役員となっており、今回は副理事長として出席しました。

いまは無事総会を乗り切り、次の方に交代しホッとしているところです。

今回は役員として過ごしたこの一年のことについて書きたいと思います。

 

1、役員の輪番

私のマンションは、14階建・全76戸・築17年です。外部所有者(賃貸に出している)も多いので、役員の輪番は7~8年おきくらいに順番がまわってきます。

理事会は、ほぼ月一回のペースで開催されており、組合員(各住戸の区分所有者)の自分達のマンションを管理していくことへの意識は比較的高い方ではないかと思います。

昨年の理事会も、総会のある1月とお盆の8月を除き全部で10回あり、5人の役員はほぼ皆勤に近い出席状況でした。

 

理事会で話し合われたおもな議題は、次のようなものです。

  1. 町会の会費値上げ通告に対する対応。
  2. 管理会社との委託契約の一部見直し。
  3. 共用駐車場の外部貸出しの導入。
  4. 地デジ対策を委託しているケーブルテレビ会社との契約の見直し。
  5. 消火ポンプの更新などいくつかの修繕。
  6. 隣接のビルの小火に対する対応。
  7. 共用電力の新電力への切替
  8. 管理会社からの月次の活動報告と決算報告確認
  9. 総会議案(決算報告・予算案含)の検討

 

一緒だった役員のメンバーが温厚で常識的な人が揃ったことと、輪番ももう2~3回目ということで、かなりスムーズな会合が重ねられたと思います。

よく自分本位というか、落としどころを考えないような発言で審議を混乱させたり、議題と関係ない方向に脱線する人が居て会合が長引いたりしますが、それが無かったので助かりました。

 

2、総会で感じたこと

何年も総会に出席していると、仕事として管理会社のフロント担当をしてきた経験からも言えることですが、設立初期の管理組合と年数を重ねた管理組合では、出席者の会合での発言内容も変化するというか成熟してくるものだなと感じます。(総会には歴代の理事長が顔を揃えるといった感じです。)

毎年総会に出席して、輪番で役員を経験したりすると、分譲マンションの管理運営の仕組み(組合員・理事会・総会・管理会社それぞれの立場や役割・守備範囲)がわかってくるので、トンチンカンな発言をする人が減ってくるのでしょう。

 

居住者間(この場合は議案を図るその年の理事会と、対する一般組合員)では、お互いが顔見知りになるので、どんな個性と発言の特徴を持った人がいるかも判ってきます。

円満にまわっている管理組合では、お互いに信頼感ができてくるからか、発言が過激だったり、批判的な発言ばかりするという人は、ほとんどいなくなるように思います。

 

3、管理会社について(フロントマンの資質の重要さ)

私のマンションの管理会社は、ベテランの課長が物件担当(フロントマン)をしています。(過去にフロントマンの対応のまずさで何度もトラぶったので、管理会社も人選に気を遣っているように感じます。)

その課長は、報告や助言もわりと的確で、レスポンスもスムーズだったので、理事会は気を揉んだりせずに済んで助かりました。

組合員(各住戸の区分所有者)は、もともとそれなりの地位や立場で社会人として過ごされている方々がほとんどですから、知識や経験を豊富に持っています。

管理組合の活動を経験するうちに、ポイントがどこかわかるようになってきますから、理事会も管理会社におんぶに抱っこというのではなく、主体的に今年は何をやろうと考えるようになります。

管理会社に対する要望も、その時の審議内容に対するポイントを押さえた的確な補助や助言と、できるだけ速い対応を要求するものに変化していきます。

フロントマンの手抜きや、知識不足・経験不足といったものは見抜かれてしまいます。

それに過去の担当者との比較もでてきますので、担当者はそれを心してかからなればならないなと思います。

これは客の立場として思うことですが、同じ業界で働く身としては、そう見られているとしたら、プレッシャーだなと書いていて思います。でもそういうことです。

ただそれを補うこととして、誠意を持った対応を心掛ければ、よほどの実力不足でない限り補える部分も多いように感じます。マンション管理は、人対人の部分も大きい仕事なので、若い担当者などで経験・知識が多少不足していたとしても、頑張りと誠意ある行動が相手に伝われば、管理組合はその点は対会社のお客様よりも寛大なのではないでしょうか。

 

4、清掃員さんの引退

昨日の総会で可決承認された案件に、管理会社との委託契約の変更というものがありました。

私が提案して議案となったものですが、変更内容は、従来管理員(朝から夕方まで勤務)と清掃員(朝3時間勤務)の2人体制で配置されていたものを、1人体制(管理員が清掃員も兼務する)に仕様変更するというものです。

私のマンションで月々徴収される管理費は、新築当時以来改定されていません。

ですが管理組合の支出は年々増加しています。経年の老朽化で修繕費が増えてきたこともそうですが、防犯カメラの台数を増やしたり、地デジ対策の経費が追加されたりで経常的な支出が当初よりも増えています。

それに対して駐車場の空きが増えて埋まらなくなりました。今回マンション外にも貸出すことになりましたが、放置すれば年間数十万円の減収です。

そんなこともあって、いまのままでは単年度収支が赤字になってしまう可能性が出てきたので、管理委託契約の見直しを提案しました。

 

なお提案に踏み切れたのは、新築以来ずっと働いてくれていた清掃員(Hさん)の引退があったからです。

昨年夏、もうすぐ80歳の誕生日を迎えるので定年退職としたいと管理会社から申出があり、本人も受け入れたと報告を受けました。

Hさんはとても真面目で熱心な人でした。朝も2時間以上早出で勤務していると聞きました。ごみが多い年末年始などは、本来休みというのに正月からダストルームの整理をしていました。(本来契約時間外のサービス出勤なので、よいことではないのですが、下請けの清掃会社から派遣されていたので、あまり指導もされず勤務条件の見直し提案もなかったのだと思います。)

管理員さんはもう何代目かの人ですが、清掃員さんはずっと同じ人でした。

ここ数年は見ていて明らかに年齢的な衰えを感じましたが、それでも組合員や理事会から交代を求める声は上がらなかったようです。(私は前回5年前の輪番の時にも、理事会で今回と同じ仕様変更を提案しましたが、Hさんが辞めなければならなくなるので、引退するまではいまの仕様で行こうということで提案を取り下げた経緯があります。)

 

Hさんが引退して、朝に出がけの挨拶を交わせなくなり、ふと今でも寂しいなと感じる瞬間があります。

マンション清掃の会社で働く私からすれば、我流というか仕事のレベル的にはどうかと思うところが少なからずありましたし、下町のおじさんといったキャラクターに抵抗を感じる人もいたのでは思いますが、それ以上に多くの居住者に愛されていたと思います。

Hさんは、人柄と仕事への取組姿勢が評価されて80歳まで働き続けることができたのだと思います。

 

私が建物管理という仕事に携わるにあたり、Hさんのケースは現場に関わるスタッフ(管理員・清掃員・フロントマンなど)と、お客様(入居者)の人対人の関わりの部分がいかに大切かを思わせてくれることになりました。以上です。

1か月

こんにちは

 

管理部 高橋竜次です

 

年が明けて早くも1か月が過ぎ去ろうとしています

皆様のおかげで年始から大変忙しくさせてもらっております

 

目まぐるしく過ぎ去っていく毎日の中でたまにふと思うことがあります

 

「仕事ばかりでよいのか・・・」と

 

ダメですよね!!

 

社長からもいつも言われています

「沢山遊べ!」と

 

今年こそは、しっかり休みの計画をたてて沢山遊びたいと思います

 

仕事と休みのメリハリがある方がより良い仕事に繋がりますからね

 

たまには旅行にでも行こうかな・・・

 

年が明けて1か月、最近そんな事を考えています

 

ではまた!

 

 

 

沖縄の奇跡

新年を迎えたと思ったら1月も既に後半。
正月の出来事が、もう先月のように感じます。

こんにちは、工事部の杉原です。

今朝の情報番組によると、デパートでバレンタインの売り込みが始まったそうで、2月の足音が聞こえてきました。

バレンタインといえばチョコレートですが、私は甘い物が苦手なのでいつも食べてるチョコはカカオ70%。
ほろ苦さがちょうどいいんです。
もしバレンタインにチョコレートを頂けるなら、甘さ控えめなチョコでお願いします。

チョコレートは郵送でも受け付けております。
宛先はこちら

〒153-0064
東京都目黒区下目黒2-17-3
しんらいライフサービス株式会社
工事部 杉原まで

くれぐれも送り間違いのないようお願いします。
事前受付も行なっています。

さて今回は、沖縄での奇跡的な出来事をお話しようと思います。
今まで沖縄へ50回ぐらい行ってますが、ほとんど毎回ミラクルな出来事に出くわします。

それが私を何度も沖縄へ行かせる要因でもあります。
かといって凄いミラクルを想像しないで下さい。
大したミラクルではないのですが、その中の一つを今日はお伝えしたいと思います。

それは数年前に沖縄の琉球ガラス村へ行った時の事です。
私は沖縄へ行くと、必ずここを訪れます。
目的はピンポンゲーム。

[ピンポンゲームとは]
床に置かれている琉球ガラスのグラスへ、ピンポン玉を投げて入るとそれが貰えるというゲームです。

300円で5球。
沖縄へ行くと毎回やるんでウチには山ほどのグラスがあり、琉球ガラスのグラス専用の茶箪笥もあります。
でも今回のミラクルな話はピンポンゲームではありません。

数年前に行った時は、このゲームの向かい側に三角くじのコーナーがありました。(今はもうありません)

ちょっと気になったので近寄ってみると、お店の気さくなおばちゃんが、

「1回どうですか?」

と声をかけてきました。
景品を見ると、

特賞 : 高さ50cmの特大シーサー(持って帰るのが大変)
1等 : 高さ20cmぐらいのシーサー(昔ながらの恐い顔のシーサー)
2等 : 沖縄の茶碗
3等 : 5cmぐらいの小さいシーサー
4等 : シーサーのキーホルダー

欲しい物が見当たらない…
お店のおばちゃんは、

「この特賞のシーサーは買うと何万円もするよ」

と得意げに話していますが、私の心は全く踊りません。
もしこれが当たったとして、帰りの空港で荷物を預ける列に並んでる姿を想像すると、シーサーを抱えてる自分が渋すぎます。

〝当たって困るクジを引いてもなあ〜〟と思いながら景品をもう一度見渡すと、2等の茶碗に目が止まりました。
沖縄の焼物(沖縄ではヤチムンと言います)にはあまり興味が無かったんですが、こうしてマジマジと見ると、〝そういえば内地ではこういう茶碗って見かけないなあ〟と思い、見れば見るほどだんだん欲しくなってきました。

〝しかし2等以外は要らないしなあ〟とクジ引きをやるかどうか随分迷いました。

私:「この茶碗、凄くいいですねぇ。あまり焼物には興味が無かったんですけど、凄く気に入りましたよぉ~」

おばちゃん:「これいいでしょう。あと1個しかないの」

え、あと1個。
なんてラッキーなんだ。
この茶碗は私に当たるために残ってたに違いない。
そう思いチャレンジすることにしました。

クジ箱に手を突っ込み、最初に掴んだクジを出そうとした時、頭の中に

〝ちょっと待て。そんなに簡単に引いていいのか?〟

そんな言葉が浮かびました。
確かに安易に行きすぎた。
昔韓国のカジノへ行ってブラックジャックをやった時、一度はマイナス3万円まで落ちこんだ後、〝ちゃんと集中したら次に出る数字が分かるんじゃないか?〟と思い、集中してやったらプラス5万円まで巻き返した事を思い出しました。

ここは集中だ。
今掴んだクジを一旦リリースしました。

そして頭の中で〝クジを開いたら「2等」〟というイメージを繰り返し、〝特賞、1等、3等、4等は要りません〟と念じ、もう一度クジを掴みました。
そしてゆっくりと箱から出し、クジを開いて出てきた数字は、な、なんと、

〝5等〟

え?5等?
ありませんけど?

私:「あれ、5等だけど」

おばちゃん:「あらやだ。5等?」

私:「うん、5等」

おばちゃん:「またぁ?」

え、また?

おばちゃん:「さっきも5等が出ちゃったの」

私:「あら。それでどうしたの?」

おばちゃん:「もう一回引いてもらって4等だった」

それはヤだ。
あんなに集中したのに、もう一回引いて4等なんて。

私:「え~、あんなに念を込めたのに~。もうテンションが上がらないよう」

おばちゃん:「そうだよねえ。じゃあ他の人には内緒だよ」

そう言って2等の茶碗をくれたのです。
もう嬉しくて嬉しくて、私は仲間のところへ行って今までの事を〝あそこのクジ引きでさあ・・・〟と嬉しさのあまり話し始め、最後の「他の人には内緒だよ」のくだりで、〝あ、内緒だった〟と気づきました。
恐る恐る振り返っておばちゃんの方を見ると、〝言ったね〟みたいな顔でこちらを睨んでました(笑)

他の人が見たらなんてことのない茶碗かもしれませんが、私はとても惹かれました。
この茶碗を見る度に、この時のエピソードを思い出します。

IMG_5852

IMG_5851

沖縄の焼物もオススメです。

中野ブロードウェイ

お久しぶりです、管理部の高橋直己です。

今回は度々訪れている中野ブロードウェイという場所を簡単に紹介したいと思います。

 

JR各線や地下鉄東西線の中野駅を北口に出ると・・

001

 

中野サンモールという商店街が目の前に。

002

 

200Mほどの商店街をまっすぐ抜けると・・(この商店街も賑わっていて紹介したいのですがまた次の機会に!)

003

最奥に中野ブロードウェイ発見・・!

 

中に入ってみるとこんな感じ。

004

 

少し進んでエスカレーターを上がると3階に。

005

 

3階にはいろんな種類のお店があります。

008

009

010

011

なかなかマニアックなお店、洋服屋、宝石屋、書店等々・・

 

各所にトイレもあるので安心です。

007

 

階段を下りて2階へ・・

012

 

2階には有名なまんだらけがありますね。

013

 

そのほか喫茶店や

015

ダーツのお店

016

お宝商品があったり

018

 

1番奥には50周年神社(?)も・・

017

 

そして最後に1階に戻ってきて・・

020

1階は比較的普通のお店が多い感じです。

021

因みにメインの通りと裏通り的な2本道構造になっています。

019

 

そして奥の裏入り口を抜けると早稲田通りに出て終了。

022

この早稲田通りにも主に食べ物屋さんが多くあり散策してみる価値ありです。

 

以上、ざっとになりましたが中野ブロードウェイの紹介になります。

サンモール、ブロードウェイを中心に各横道にもたくさんのお店があるので機会がありましたら是非一度訪れてみてください。

最後までお付き合いくださいありがとうございました。

白湯

こんにちは、総務経理部の島田です。

本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

毎日寒いですね。

今シーズン最強の寒波が来ているそうで、ピークは14日・15日とか・・・

センター試験に行かれる皆様、暖かい格好で風邪引かないようにしていって下さいね。

 

雪景色

寒い季節は、温かい飲み物が美味しいですよね。

皆様は、朝起きたら何か飲んでいますか?

殆どの方が、コーヒーとかお茶でしょうか?

 

私は1年ほど前から白湯を飲んでいます。

低体温で寝起きの体温が35度前半の私にとって、白湯はとっても優しいんです。

1杯を10分位かけてゆっくり飲みます。

飲み終わると、おなかの中からポカポカします。

 

テレビで代謝アップの簡単な方法として紹介されていたのですが、

実践して1年たった今、以前に比べて血行が良くなっている気がします。

白湯

コーヒーや紅茶にお砂糖を入れて飲むことが多いのですが、

今では飲み物の3杯のうち2杯は白湯を飲んでいます。

ダイエット効果もあるし、急須やサーバーも要らないので簡単です。

 

去年は1度も風邪を引かずに済んだので、

今年も基礎代謝を上げて、元気に乗り切れるように頑張っていきたいと思います。