合唱団の熊本演奏会

こんにちは。牧です。他にこれといったネタがないもので、今回も恐縮ですが趣味の男声合唱団のことを書かせていただきます。

 

もう日が経ってしまいましたが、4月6日と7日の両日で九州熊本での演奏会に参加してきました。開催地の地名から「JAMCA熊本演奏会」と言います。

 

男声合唱の愛好者が加盟する「日本男声合唱協会(JAMCA)」という組織があり、全国から個人や団体の会員が参加して、約2年に1度演奏会が行なわれます。(私の合唱団は協会の理事団体をしているので、毎回公式行事として参加しています。)

 

JAMCAの演奏会は今回で24回目とのことですが私は2回目の参加でした。東京や大阪のような大都市から北は北海道、南は九州まで、開催地が毎回変わるので、長年参加している人はこれで全国を巡ることができてしまいます。

前回は青森県の八戸市に行きましたが、自分から滅多に遠出しない出不精な私には、こうしたイベントに便乗し、知らない土地を訪れて、地元の美味しい食事や観光で新鮮な経験をできるのでいいのかなと思います。

 

演奏会は合唱団のプライドをかけた各理事団体の単独演奏と、全員参加の合同演奏(全国合同)、開催地の合唱団が中心の合同演奏(九州合同)など、男声合唱づくしの3時間を超える長丁場です。約20の合唱団と個人参加の会員が参加し、最後の全国合同演奏は265名が演奏に参加したとのことでした。

 

演奏会後の打ち上げでは、各地からの参加者と話したり、歌ったりすることができました。前回八戸で知り合った方とも再会できたりで、全国各地に同じ趣味を持つ知人や友人ができてくるのもよいことです。地元熊本の方からは、美味しいお酒を紹介していただいたり、お土産や観光のアドヴァイスをしてもらうことができ、翌日の市内観光の際に参考になりました。

 

幹事を務めて下さった熊本の合唱団の方々は、大震災の被災から未だ3年という中で、私たち他所からの参加者を細かな配慮と心遣いをもって迎えて下さいました。また会場のお客様にも温かく盛大な拍手で盛り上げていただきました。

お話を聞けば、まだまだ復興途中のご苦労がある中で、事前の様々な準備から当日の運営までを取仕切って下さった方々に心から感謝したいと思います。

 

演奏会の翌日、熊本の街を一日歩き回り、城内に入れないくらい激しく損傷してしまった熊本城の建物や石垣を目にして震災の激しさを感じましたが、それとは逆に街の人々の活気のある様子は正直予想外でした。熊本の人たちの強さを感じた気がします。

 

今回の演奏会は「熊本の皆さんに元気になってもらいたい。」という思いから企画され、参加者達はそうした気持ちをもって各地から熊本を訪れたわけですが、逆に地元の方々に力づけられたように思います。

 

次回演奏会はJAMCA50周年にあたり、東京開催でという噂も聞こえてきています。もしそうなれば、私たちの団体がきっと幹事になるので、これまでしていただいたように精一杯の準備で全国の合唱仲間をお迎えしたいと思います。

 

YouTubeに当日の動画がアップされているので、もしよろしければご覧下さい。

 

https://www.youtube.com/watch?v=BkE_15h21iw&feature=youtu.be

2019JAMCA熊本チラシ

最後にこのところ九州から連日豪雨のニュースが報道されてきます。4月の訪問時は、桜の景色に映えてゆったりと穏やかな流れが印象的だった熊本市の白川も流れが変わって別の川のようです。被害が大きくならないことを祈ります。

以上

夏に向けて

こんにちは
管理部 高橋竜次です。

今年も早いもので半分が終わってしまいました・・・
今年はまだこれと言って楽しい事してないなあ。

もうすぐ夏ですね。
もうかれこれ5年程海に行ってません。
今年こそは絶対海に行きたいと思います!!

そのために頑張って腹筋を鍛えようと思う今日この頃でした。

皆さんも夏に向けて身体を鍛えましょう!

やらかしてしまいました…

こんにちは、管理部の菊井です。

数週間前にやらかしてしまいました…

仕事中に財布を落としてしまったんです。小学生の頃依頼で人生二度目ではありますが、やはり小学生の頃とは比べ物にならないくらい大変な思いをしました。

中にはカードやら身分証明やらと当然重要なものも多く入っていて、いろいろと会社にも手続きし直して頂きご迷惑をおかけしました。

もちろんこの痛い経験を無駄にしないよう、財布の持ち方を色々考えなおしました。

まず、

①新しい財布にはチェーンをつけ、肌身離さず持つようにしました。

②普段使用頻度の低いカードなどは財布に入れずに別で保管するようにしました。

③立ち上がる時など常に財布があるかズボンに触れ、そこにあるかを常日頃確認するようにしました。

④仕事中用の安価な財布に変更しました(-.-)

⑤これを機にキャッシュレス化の波に乗ってみようかと思いました。(まだ乗れてません…)

 

財布ひとつ落とす事がいかに重大なことでいろいろ考えさせられ、あっちへこっちへと再発行の時間も取られることを改めて体感する痛い経験でした。

みなさんも財布や携帯など、かなりの痛手を負うことになりますので、無防備にその辺に置いておかないよう気を付けてくださいね。

令和の時代が平穏で平和な時代になりますように!!

 

最後の30代

こんにちは 管理部の金子です。

 

先日誕生日を迎えて、いよいよ30代も残りわずかになりました。

体調の方はというと、いたって健康です!

その秘訣は、よく食べ、よく動き、よく寝ること。

趣味で軽いジョギングをしますが、10代の頃よりも速く走れる気がします。

元号も新たになって、元気なおじさん目指します(^^♪

令和

こんにちは、工事部 杉原です。
みなさん、ジャイアンツともども、令和もよろしくお願いします。

さて、先月で平成が幕を閉じたわけですが、みなさんは平成にどんなイメージを持っていますか?
私は、アナログからデジタルに変わった時代というイメージです。

テレビの電波。
固定電話の通信回線。
携帯電話もアナログ信号からデジタル信号へ。
カセットテープもアナログでしたね。
それがMOやMDになり、その後カードタイプやUSBメモリ等どんどん小さくなっていって、今はマイクロSDなどというチップになりました。

どこまで小さくなるんだろうと想像してみると、次は本体が無くなろうとしてます。

クラウド化です。

データをサーバーにアップして、メディアを持ち歩く必要がなくなりました。
実は私、クラウドコンピューティングは随分前から使っていました。
世の中が〝クラウド〟という言い方をするもっと前ですから、おそらく20年ぐらい前だと思います。

ただ、今のようなクラウドサービスがあったわけではなく、自分でそういった環境を作っていたのでわりと面倒でしたよ。
でもメモリーカードに入れて持ち歩くと、紛失したり磁気でデータが壊れたりしたので、その点では安心でした。

そういえばこんなのもデジタル化されました。

電源マーク。
このマークもある意味デジタル化されたと言っていいでしょう。

昔はどうでしたっけ?
普通に”電源”とか書かれてましたっけ?
それも忘れるぐらい今では生活にとけ込んでいますが、出始めの頃は〝何のマーク?〟と困惑した人も多かったのではないでしょうか。

そもそもこれは何を表しているのかというと、数字の1と0なんです。
1がオンで、0がオフ。
私は以前電話工事の仕事をしていてディップスイッチをいじる事が多かったので、1がオンである事を知っていましたが、一般の人は知らない人が多いのによくこれを家電に入れ始めたなと当時は思っていました。

そしてデジタル信号も1と0の2進数で成り立っていて、8桁揃うと1バイトになります。
1バイトがどれぐらいのデータ量か分かりやすくいうと、半角文字の1文字が1バイトです。

2進数の数字を8桁も揃えてやっと半角1文字では、かえってデジタルは伝達スピードが遅いのでは?と思う人もいるかもしれませんが、昔よく見かけたISDN回線の通信速度が128kbps。
これは1秒間に128,000バイト送信できますよという意味です。(厳密には1kb=1,024バイト)
結構な量ですよね。
今でこそISDN回線は通信速度が遅いイメージですが、登場した時は写真が表示される速さに感動しました。
アナログ回線の時はホントに遅くて、A4サイズの写真だと表示されるころにはタバコ1本吸い終わってましたから。

エラーが出ることもしばしば。
アナログ回線は雑音に弱かったんです。
写真がじわじわと表示されている途中で、電話線の接続部分に触れると雑音が入ってしまいエラーに。
アナログ回線の場合、途中まで表示された写真の続きから再開できないのも難点でした。
また最初っからやり直し。
大変な時代でした。

そして今や光の時代。
1秒間に1GBの伝達量です。
半角文字で約1,000,000,000文字。
もう多すぎて逆に分かりづらい。
凄い時代になりました。

 

 

最後に、話は全然変わりますが、昨日定期班の高橋竜次さんから素晴らしいプレゼントを貰いました。

シーズンシートの人だけに配られる応援タオル(非売品)です。

妻に見せたら私より喜んでいました。
ありがとうございました。

次はチケット付きでお願いします。m(__)m