もうすぐ定期演奏会です。

こんにちは。牧です。

今回も趣味で参加している男声合唱団のことを書かせていただきます。
毎回いろいろなタイミングで書く順番が回ってきます。いまは定期演奏会(年に一度のメインイベント)を12月1日(土)に控え、練習も佳境というか追い込みの段階です。本来なら指揮者の先生の指示を頭に入れ、自然に反応できるよう身体に覚え込ませなければいけない時期といえます。そろそろ楽譜を見なくても強弱の付け方や感情表現が的確にできてこないといけません。

ただ私はというと、平日の練習参加が十分でないこともあり、まだ歌詞づけも含めて楽譜を手放せません。夏場以降追い込みをかけるつもりが思うようにいかず、そろそろ本気で焦っています・・・・。

親類や会社の同僚、学生時代のグリークラブの先輩達など、演奏会を聴きに来て下さるというお客様が多くおられるので、団内の集客ノルマ的には今年も胸を張ることができそうですが、お客様だけ呼んでおいて、本番のステージで無様なパフォーマンスもできないので、これから残り一ヶ月と少し、気合を入れて追い込みたいと思います。
演奏会に来て下さる皆さまには、ほんとに有難いと感謝しています。

今年の演奏曲の中で、ぜひ聴いていただきたいと思うのは、最終ステージで歌う「屋根の上のバイオリン弾き」と、その前に歌う「ヨイトマケの唄」です。
「屋根の上のバイオリン弾き」は、森繁久彌が長年主人公を演じたミュージカルを男声合唱にアレンジしたもので、合唱団としては約30年ぶりの再演になります。(当時の団員の平均年齢は30歳代だったとか。参考音源で当時の演奏を聴きましたが、さすがに若々しく勢いのある演奏でした。)
今回2度目のメンバーも多数おり、平均年齢も30歳高くなりましたが、どんな違った世界を表現できるか。ただ歳をとって衰えたという演奏にならないようにしたいです。
有名な「サンライズ・サンセット」も入っており、帝政ロシアのユダヤ人の集落が舞台ということで、民族音楽的なフレーズが散りばめられており、日頃あまり耳にしないリズム感やフレーズが歌っていて楽しいです。日本語で歌うのでお客様にも楽しんでいただけるだろう思います。
それと「ヨイトマケの唄」ですが、ご存知美輪明宏の名曲です。NHK紅白での感動のステージを覚えておられる方も多いのではないでしょうか。すごく演劇的な要素の強い曲だと思います。言葉毎にセリフのような繊細な言い回しの違いがあり、そこに込められた感情表現を巧みにしないと台無しになってしまう難しい曲です。約70人の男声合唱でこの曲の世界観を表現できるか楽しみです。

もし演奏会に興味をもって下さった方がおられましたら、ぜひご来場をお待ちしています。

以下のURLをクリックして下さい。合唱団の紹介と演奏会のご案内が見られます。

http://www.tokyo-liedertafel.com/

 

グミ

こんにちは

管理部 高橋竜次です。

先日のお話し。

アルバイトのS君に休憩時間にグミを貰いました。
グミなんて食べ物は、普段自分で買って食べる事はありません。
でも、たまに食べるとおいしいですよね!
しかしこの後衝撃が!!
なんと・・・

銀歯がとれてしまった!!!

やはり普段と変わった事をするもんじゃないですね・・・

という訳で、約5年ぶりの歯医者へ行くことになってしまいました。

ちなみに私は歯医者が大の苦手です。
痛いのは平気ですが、口に手を突っ込まれるのと、唾液を吸い取るアイツがどうしても無理です。

幸いにも治療はすぐに終わり、無事に銀歯が復活しました。

しかし喜びもつかの間、先生から衝撃の一言・・・

「虫歯が沢山ありますね~。長いお付き合いになりそうですね!」

あまりのショックにその場に倒れそうになったのは言うまでもありません。。

こうして私は現在地獄のどん底に落ちています。

しかし、この際ですから全ての治療を終えるまで頑張る事にしました!!

皆さんも虫歯には気を付けてくださいね。

テレパシー!?

こんにちは、管理部菊井です。

犬はその人が犬好きなのかが分かる、なんて話がありますが、

私はよく仕事をしててもプライベートでも、小さな子供がいると何かと目が合い、いつの間にか心を許してもらえているような事が多い気がします。

私からそういう念が送られているのでしょうか。

そして最近気づいてしまったのですが、この理論でいけば・・・

・・・女性にもきっと・・・

・・・・・・

どうやら女性は適用外だそうです。。。

とりあえず催眠術でも習得しようかと思う今日この頃でしたw

他人から話しかけられやすい人

こんにちは 管理部金子です

街を歩いているとよく声をかけられます。
理由は自分ではよくわかりません。
大人しそうなのか、害がなさそうなのか、どことなくスキがあるのか。

話しかけてくる人は若いカップルからお年寄りまで、
道を聞かれることが一番多いのですが、その他のことも様々です。

「不動前駅はどちらですか」
「渋谷行きのバス停はどこですか」
「新商品のモニター募集してます」
「占いの勉強してます」
「英会話に興味ありますか」
「災害の募金集めてます」
「お祈りさせてください」
「やぁこんにちは。今何をしているんだい」

先日、会社から帰る途中、駅前で若い女性が勢いよく駆け寄ってきました。
「新入社員の研修してます!少しだけ元気を分けさせてください!」
「すみません。元気間に合ってます」

元気をもらう場合、彼女はどんなパフォーマンスをしたのでしょうか。
後になって少しだけ気になりました。

季節の変わり目で弊社でも体調を崩されている方が多くなっています。
ぜひ体調に気を付けてお過ごしください☆

通話料

英語でアメリカはアメリカ。
フランスはフランス。
東京はトウキョウ。
日本はなぜジャパンなのか。

こんにちは、三度の飯より夏が大好き工事部 杉原です。

おそらく今ブログを読んでいる人の中で、10人中8人は
「ハッ、そう言われてみれば?」
と思ったのではないでしょうか。

他2人のうち1人は物知りの人で
「それ、知ってます」
と、うちの会社では高宮さんあたりは言いそうです。細川さんも言うかな?

そして残る1人は
「え?どうゆうこと?日本はジャパンでしょ」
と、何のことか意味が分からない人もいるでしょう。

要するに「日本」は固有名詞なので英語でもニッポンでいいんじゃないか、という事です。

だいたい「ジャパン」なんて、人の国の名前を勝手に海外で作らないでくれって感じです。

ところが、5~6年前のテレビでやってたんですが、ジャパンの語源は日本らしいんです。

え~?ですよね。
そもそもジャパンの「ジャ」からしてどこにも見当たりません。

どういう事かというと、「日」は「ジツ」とも読みますよね。
元日とか先日など。
昔日本は、「ニホン」「ニッポン」の他に、「ジッポン」と言っていた時代があったらしいです。
それがジパング→ジャパンになったそうです。

日本では「ジッポン」を使わなくなったのに、海外ではそっちが残っているのはちょっと面白いですね。

さて、そろそろ本題ですが、先週夏休みを取って沖縄でスキンダイビングのライセンスを取ってきました。

その時の映像です。
ジャックナイフで潜行し、ドルフィンキックで泳いでいるところを妻が撮ってくれました。

台風が発生していたのでどうなるかと心配していましたが、本島の西側の海は全く影響を受けず、嘘のように穏やかでした。

しかし大変だったのは帰りの飛行機でした。
条件付きのフライトになってしまい、到着が羽田以外の空港に行く可能性があるというのです。

それは困るので便の変更をしようと思い、JALへ電話をしたところ案の定殺到していてずっと話し中。

何度もリダイヤルしましたが、受話器から聞こえるのは「プー、プー、プー」

20回、30回とリダイヤルし、繰り返すこと36回目、やっと「プルルルル」とコール音が聞こえました。

バブルの頃にゴルフ場の予約を取っていた人は分かると思いますが、この呼び出し音が聞こえた瞬間は結構嬉しいんです。

しかし喜んだのもつかの間。
今度は

「電話が大変混み合っており、順番にお繋ぎしておりますので、そのままお待ちいただくか、しばらく経ってからおかけ直しください」

うーん、とりあえず待つか。

…しかし20分経っても繋がらず、30分、40分、時間はどんどん過ぎていきました。

こうしているうちにも席はどんどん埋まっているのでは?、と焦る中、ふとスマホの経過時間を見ると、1時間13分。
一緒に行った友人に

「1時間経ってもまだ繋がらないよ。どんだけ混んでるんだか、ハッハッハッ。かけ放題で良かった」

と言った時、大変なことに気づきました。
契約しているプランは無制限のかけ放題ではなく、5分間のかけ放題プランだったんです。

しかも今かけているのはフリーダイヤルではなく、普通に03で始まる番号。

( ° ° )

( i _ i )

(ToT)

「やっちまった~」
すぐに切りました。
1時間も待ったのに…

だいたい5分間という制限があるのに「かけ放題」って紛らわしいんだよ、と今さらネーミングに文句を言いながら、電話は諦めて直接空港のカウンターへ行き、便の変更をお願いしました。

すると、飛行機は2日後まで全便満席。
ということは帰るのは3日後。
さすがにそんなに仕事を休めないので、元々取っていた条件付きのフライトで帰ることになりました。

そして実際のフライトは、大して遅れることもなく無事に羽田空港に到着。
終わってみれば、無駄に1時間の通話料を使って帰ってきたわけです。

_| ̄|○

でも我々が乗った後の便は、2時間36分の遅れで羽田に到着したそうです。

それを聞くとまだ運が良かったのかもしれません。

とても記憶に残る旅行になりました。