エアコンの修理について

こんにちは、工事部の内田です。

 

12月に入って1週間が過ぎ、そろそろ寒くなってきました。

この時期にエアコンが故障するとかなり生活に支障をきたします。

さて、仮にエアコンが故障した時はどのようにして工事店に伝えたらよいでしょうか?

 

先ずは ・・・・・

  •  お名前、ご住所、連絡先の電話番号、ご都合の良い日時を教えて下さい。

 

次に ・・・・・

  •  現在のエアコンの状態を教えて下さい。
    • リモコンで運転ボタンを押しても電源が入らない。
    • 暖房が効かない。冷房が効かない。
    • 暖房、冷房の運転中に音がうるさい。
    • エアコン室内機から水が漏れる。
    • 風向を変えるフラップやルーバーが作動しない。

などなど ・・・・・

 

そして ・・・・・

  •  メーカーと品番を教えて下さい。品番はアルファベットと数字の組み合わせです。
    • エアコンの室内機にシールが貼ってあるので読み上げて頂けると助かります。
    • シールが剥がれていたり、経年による退色で読みにくくなっているときはエアコン本体に表示されているメーカー名と壁掛け、天井カセット型など設置状態などを教えて頂けるだけでも良いです。

 

 

 

 

 

 

 

これらの情報を基にエアコン業者を手配しますが、簡単な修繕の場合でも出張費や技術料が発生するケースが多いので予めご了承ください。

以上、簡単ではありますがエアコンが故障した時の連絡方法でした。

 

 

それでは、また。

初体験

みなさんこんにちは。管理部の平岡です。

 

先日初めて立ち食い蕎麦を頂きました。

今まで醸し出される雰囲気から入る勇気がなく、実際立ちながら食べるのも性に合わないので入りませんでした。

今回は知人の方から勧めて頂き、意を決して食べに行きました。

 

行ってみると意外と女性の方も多く少しイメージと異なりました。

何より皆さん食べるのが早いこと。早い人は2分くらいでしょうか?

どんどん抜かれていくので何気に気を使いました。回転勝負のお店なので何とかその流れを踏襲したかったのですが、早食いは厳しかったです。

 

初の経験だったのでとにかく新鮮且つ楽しかったです。店員のおばちゃんの慣れた対応はお店にとっての最高のスパイス・隠し味ですね。

丁寧な説明をしている訳ではありませんが、必要最低限で無駄のない動きが見事でした。

 

是非また伺いたいなと思います。蕎麦とおばちゃんに会いに。

 

素敵な一週間をお過ごしください☆

12月

こんにちは、管理部日常班の細川です。
早いもので、もう12月になりました。あと1か月で今年も終わりです。
11月はまだ秋のイメージが強いですが、12月になると冬!って感じですよね。

僕は1年のうちで12月が一番好きです。
いろいろとイベントも多いですし、何しろ自分の誕生日もあるのです。

まあ、もうすでに誕生日を素直に喜べない年齢にはなってきましたが、
それでも誕生日になると、友達からメッセージが来たりとか、
会員登録している、いろいろなところから誕生日月の特典が来たりと
他の月よりうれしいことが多いです。

12月生まれの人がよく言われるのは、誕生日のお祝いとクリスマスが
一緒になってしまうのでは?なんてことなんですけど、
自分が子供のころ、我が家は誕生日がメインのお祝いで、やはりクリスマスは
少しトーンダウンした感じになっていました。
誕生日のケーキは丸いチョコレートのホールケーキだったのですが、
クリスマスはカットされたイチゴのショートケーキだったりとか。

なんか損したなあっていう気持ちは特になかったのですが、
6月生まれの人だと12月とはちょうど対極の時期なので、誕生日のお祝いと
クリスマスのお祝いの新鮮味がちょうどよく感じたりするのかなあと思ったりもします。

クリスマスの時期は街のイルミネーションも綺麗で良いですよね!
わざわざ見に行くことはあまりしませんが、通りかかった時はつい足を止めて
眺めてしまいます。

あと12月は1年のうちで一番早く過ぎて行くように感じる月ですね。
今年中に片付けなきゃいけないものは、早め早めにこなして行かなきゃと思います。

それって、自分は割と苦手だったりするのですが……。

それでは、これで失礼します。

今年の定期演奏会

こんにちは。営業部の牧です。

つい先日、趣味の合唱団の定期演奏会が無事終了しました。年に一度の定期演奏会は、合唱団にとってはメインイベントで、その年取りくんできた練習成果の全て発表する場です。今回はそのことについて書きたいと思います。

今年の演奏曲は、合唱団としては定番のドイツ語曲(ミサ曲)と日本の合唱組曲のほかに、合唱に馴染みの少ないお客様も知っている曲をということで、70~80年代にヒットしたニューミュージック(中島みゆき、さだまさし、小田和正、松任谷由実などの曲)の編曲版を歌いました。男声合唱ということで、原曲とは少しイメージが違って聴こえる曲もあったと思いますが、30年以上の時を経たあの時代のノスタルジーと、歌う側が年齢を重ねた分、の若い頃とは違うかたちでの曲の世界観が表現できたのではないかと思います。聴衆の方は各世代どのように感じて下さったでしょうか。まもなく会場でいただいたアンケートが団員に開示されると思うので楽しみにしています。

それと今年の目玉といってよいものですが、定期的にお互いの国を行き来している友好団体「韓国男声合唱団(KMC)」から常任指揮者の金先生をお迎えして歌った、「KMCアラカルト集」というステージがありました。日本ではあまり馴染みのない韓国語の曲を中心にしたステージですが、終わったあと聴きに来て下さったお客様の反応はいちばん評判がよかったように思います。
韓国の合唱団は日本人にはとても太刀打ちできないと感じる声量で、とてもパワフルな歌声を聴かせてくれます。そんな彼らが得意とするレパートリーなので、威勢のよい曲や朗々と歌う曲が多く、今回はオペラの合唱曲もありました。また韓国語の曲は、お隣の国だというのに、言語だけでなく曲の雰囲気が日本人には絶対作曲できないだろうと思われる独特の節回しをもっています。リズムや調性が曲の中でどんどん変化していったりするので、聴く側をハッとさせることも多くそれが聴衆の心をとらえたように思います。昨今流行のK-POPとはまるで別のジャンルですが、民謡や歌謡曲などにもよい曲があるようなので、よろしければ聴いてみて下さい。

KMCとの行き来は30年以上続いており、毎年20名近い団員やそのご家族が来日し演奏会に来て下さいます。終演後の懇親会でも一緒に盛り上がり、合唱団同士は友好的な関係を続けているにもかかわらず、いつの時も両国の政治というか国際情勢を意識しなければならないのが残念だなと思います。(初めて訪韓した時は日韓関係がちょうど険悪になった時で、本番直前に急遽予定していた日本語の曲が禁止され、歌えなくなってしまったのだとか。今回も韓国語の歌詞にある地名の呼び方が日本と違うのをどう扱うかで議論がありました。)
昨年は当方が訪韓し、再来年以降つぎはKMCが来日してのジョイントコンサートを検討しています。その頃には日韓関係を気兼ねすることなく演奏会が開催できたらよいなと思います。

そんな感じでいまは本番が終わりホッと一息ついている感じです。いつもの年よりも演奏会の日程が早かったので、今年は年末年始に向けた準備も余裕ができそうです。
ただ来年の演奏曲の練習はもう始まりました。これからも時々合唱のことを書かせていただくことになると思います。よろしくお願いいたします。

初マラソン

こんにちは、管理部 高橋竜次です。

昨日、人生初となる戸田ハーフマラソンに参加してきました!!

結果は・・・

無事完走することが出来ました!!

あまり練習が出来ずどうなるかと不安はありましたが、何とか乗り切ることができました。

一緒に走った工事部杉原さん、管理部小川君、マラソン部の皆さん、そして大量の差し入れを持ってきてくれた応援の皆さんに心から感謝です!!

今回の経験で自分の中での新たな目標ができたので、また是非チャレンジしたいと思います。