リノベーション

暑い日が続きますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、工事部 杉原です。

先日2DKから1LDKにしたいという工事のご依頼を頂き、今までの雰囲気をガラッと変えて高級感を出したリノベーションをしたいというご要望でした。

本来は現場管理がメインなので自分が作業を行うことはありませんが、今回は丸ノコやインパクトを片手に自分でも行い、暑い中エアコンも無い状態でしたから体重が3kg減少。
やっぱり職人さんは大変ですね。

施工前はこんな感じのお部屋です。

 

今回はクロスや照明器具などのコーディネイトを全て任せて頂けたので、ご満足いただけるかとてもプレッシャーがかかりました。

白を基調とした高級感のある部屋にして欲しいとのことで、頭の中ではある程度イメージできているものの、限られた予算の中でそれに合った商品がなかなか見つからず、妥協して一箇所イメージを変えると他の場所との調和取れなくなるので、とにかく探してまたイメージする毎日。
夜眠る時にも考えながら布団に入り、目を覚ますとまた考え出し、一度夢の中で、デザイニングが間に合わず工期内に終わらなかった夢も見ました(笑)

特に悩んだのが、玄関に間接照明を作りたいというご要望。
スペース的な問題で作れる場所がありませんでした。

壁のボードを壊して下の骨組みから作り直せばもちろん作れるんですが、店舗ではないのでそこに何万円もかけたくないんですよね。
そういったこともあり、そこの工事は私が施工しました。

通路の左側にある間接照明がそれです。

大変だったのは、照明器具の電源(接続部分)をどうやって隠すかです。
壁の中へ入れてしまえば簡単なんですが、照明を取替えることになった時に、クロスを剥がさないといけないとかボードを壊さないといけないと大工事ですから、かと言って点検用の蓋を壁に作っては興ざめしますよね。
そこの工夫が苦労しました。

ちなみにこの間接照明を作るための材料費は、下地の木材も含めて8千円ぐらいです。
この施工方法でしたら、器用な人なら自分でできますので、「やってみよう」と思う方がいたら作り方をお教えします。

そして浴室と洗面所はこんな感じです。

浴室のアクセントパネルに合わせて、洗面所の壁もアクセントクロスにしました。
浴室のアクセントパネルは、某有名ホテル(〇○〇トン)でも同じ物を使用していました。
(私が泊まったわけじゃないですよ(笑)ネットで見かけたんです)

次に洋室。

この写真は引渡し2日前に撮ったのですが、これを見た妻が
「クローゼットとクローゼットの間の巾木だけ何で茶色いの?」

「ハッ、塗り忘れだ!」
と引渡し直前に分かり、慌てて翌日塗ってもらいました。

そして和室とDKをくっつけてできたLDK。
約17帖あります。

今回ドアは既製品ではなく、全室オーダーで作りました。
面材は白く見えますが、実際は細いストライプになっていて、真っ白の面材と比べると光の反射が微妙に違うので、ノペっとした平坦な感じが無くなるんです。

旧和室だった壁もアクセントクロスにし、その色に合わせた照明器具を付けました。

クローゼットの中は、少し薄いブルーに。

 

 

引渡しも無事に終わり、オーナー様にとても喜んで頂けました。
こちらは賃貸で貸し出すそうなので、気になる方は工事部の杉原までお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL