居酒屋で落語

こんにちは、工事部の内田です。

今日は6月某日に落語の寄席に行ってきた時の話をしたいと思います。

と言っても新宿末廣亭や鈴本演芸場などの有名な寄席ではなく、
私がよく飲みに行く居酒屋さんで開催された寄席の話です。

実はこの居酒屋さんは落語家の立川談笑さんが常連さんとして利用しており、
今回はそのお弟子さんたちが高座に上がって落語を披露してくれました。
会場が居酒屋さんなので普段はテーブルが置いてあるのですが、
それらを別の場所に移してイスだけを30脚程度用意して開催しました。
居酒屋さんを利用した即席の会場なので木戸銭も¥1,000-と非常に安く、
落語初心者の私にはとてもありがたかったです。

お客さんの入りも上々でほぼ満席となりました。

出演者は立川笑二さん(二つ目)、立川談洲さん(前座)、立川笑んさん(前座)、立川錦笑さん(前座)でした。
落語というとなんだかとても難解なイメージですが、この日の落語家さんたちは演目が古典落語だったにもかかわらず、
笑二さんをはじめ皆さん現代風に語ってくれたので大変聴きやすかったです。(もちろん、噺の内容も面白かったです)

場内は撮影禁止(の様な雰囲気?)だったので写真を掲載出来なかったのが残念ですが、
すべての演目が終わった時は師匠の談笑さんも顔を出してくれて、お客様の帰りを見送ってくれました。
談笑さんの話によると、毎月一回のペースで立川談笑一門会(談笑師匠とお弟子さんたちが高座に上がる会)
を開催しているとの事なので、今度行ってみようかと思います。

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL